一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

≪働き方って、生き方だ!≫

これが、ワタシの働き方×平和


さまざまな生き方・働き方をしているゲストスピーカーを囲んで、トークセッション&交流会♪

人生ドラマを垣間見ながら、おしゃべりNight。


ゲストスピーカー:宮坂綾

秋葉原無差別殺傷事件に影響され大学では社会学を専攻。教員を目指し免許を取得するが、教員以外で「教育」に携わってみたい思い、2014年7月特定非営利活動法人アスクネットにてキャリア教育コーディネーターとして勤務。その後、子どもの成長をより近くでみたいと思い、2015年4月特定非営利活動法人こどもNPO・プレーワーカーとして名古屋市中川児童館にて勤務。2018年1月、青年海外協力隊(小学校教育)としてニカラグアに赴任。同年6月ニカラグア国内の情勢悪化により日本に一時退避。


自分と違う分野との出会いから、発見やヒントが見つかるかも。


日時:2018年7月26日(木)19:00〜21:00(受付18:30〜)

会場:talk CAFÉ chikaku

名古屋市中川区柳森町403pennビル 3F

あおなみ線 小本駅 徒歩30秒

  (食べログ https://tabelog.com/aichi/A2301/A230113/23066434/)

参加費:800円(ワンドリンクつき)食べ物持ち込みOK!   

定員:15名

申込:Googleフォームよりお申込みください https://goo.gl/forms/c5kpM59Tl9urg4js1

主催:多世代学びあいネットワーク

   Tasedai.manabi.net@gmail.com


☆本事業は、あいちモリコロ基金の助成を受けて開催しています。

524日に「これが、ワタシの働き方」をtalk CAFÉ chikakuさんで行いました!

 

talk CAFÉ chikakuさんは、子ども関係の職業から一身し、わらしべ長者でカフェを開店した、かずまさんのお店です。(この日のゲストでもありました)

“トークをすること”をコンセプトに、お手製のバナナジュースが飲めます。

http://chikaku.hatenadiary.jp/


今回、多世代学びあいネットワークで行う企画が初めて!ということからハプニングもありながらも最後の最後までご協力していただきました。

当日のゲストは、

 

・かずまさん(talk CAFÉ chikakuオーナー)


わらしべ長者でカフェオーナーに?!

 

・ちさとさん


子育て支援者として、地域をつなぐ!

 

・むっしーさん


NPONGO分野で多方面に活躍中!

 

・にしさん


硬派な行政マン!

 

この4人を迎え約20人の参加がありました。

ゲストトークの中で、それぞれの背景をお話していただきました。

 

かずまさんは子ども関係の職場で起こった出来事がきっかけで退職後、自分の人生を見つめ直しやれることをやろうとLINEアカウントの交換から始まった“わらしべ長者”。そこから、カフェの開店までも人と人とのつながりで今があるとのお話。

 

ちさとさんは、家族間から始まった今の仕事と活動のお話を。

 

むっしーさんは、東日本大震災から始まったNGONPOへの関わり。そして、今も続けている思いを語っていただきました。

 

にしさんは、当日大変な最中でも駆けつけて下さり、行政での役割と実際に行政の中で起こっていることをお話していただきました。

 

当日参加された方からも質問や感想がたくさん。みなさんの声をご紹介します。

 

・本当に面白かったです。話聞きながら、ワクワク止まらず「ヤバいっ」状態でした!

 

・まず、お話くださった方々の共通点を3つ感じました。「前を向いている」「自分に素直」「言い訳のない生き方」です。

 もちろん振り返る事もあるだろうし、悩んだり迷ったり色々あると思うけど、結局はいつも前を向いてるから常に進んでる。自分の気持ちや感覚に素直に従って行動してる。恐らく「自分はどうしたいのか」を無意識のうちに考えてそれが行動になってるのかなと。だからこそ、誰かのせいにしたり自分で限界を決める事がなく、言い訳というワードさえ出てこない、そんな生き方をしてみえる方々だなと感じました。

 我が娘たちにも、この感覚にふれて欲しいと思いました。そして、私自身は、「家族に引っ張られない」…自分の行動の限界を子どもや置かれた状況を理由にしない。正当化しないで、そのままの自分を認める。「これまで通り、ワクワクする事をとことん楽しむ!」の2点です。

 

・娘たちに、歳を重ねることは楽しい事だよ、楽しんでいいんだよ、という姿を見せたいです。その中で好きな事が見つかるといいな。

 

・久しぶりに「働く」意味を考えた時間でした。

・大人がかわれば 子どもも変わる。親としてやれることは、子ども人生に刺激を与えられるような大人とつなげてあげることも役目でもあるのかなと思いました。尊敬する人は親って理想はあるけれど親じゃなくても、リスペクトできる人との出会いがキッカケで働くこと=自立してくれたら嬉しいなぁとも思ってます。

 

・私も、もう折り返した自分自身の人生を楽しもうと思います!若い方が頑張っている姿に私ももう少し頑張ってみようと思いました。10年は元気にがんばろうと思います。

 子どもたちが家を出たので、捨てないといけない物を現在片付け中です。その先に何か見つかるかもと奮闘しています。そんな中子猫を拾ってしまいました。またまた夫婦で子育て奮闘中です。今日も元気に楽しみましょう!

 

・昨日は、めちゃくちゃ楽しかったし、行ってよかった!

 

・西さんと話したかったです、気がついたらいらっしゃらず、、、お忙しいんですねー 

など、ゲストの方のお話から新しい発見があったことや自分の働き方=生き方を見つめ直してみようなどとの声を多くいただきました。

 

当日参加されましたみなさま、そして今までの貴重な経験をお話してくださったゲストのみなさまありがとうございました!


 

さまざまな生き方・働き方をしている4人ゲストスピーカーを囲んで、トークセッション&交流会♪

それぞれの人生ドラマを垣間見ながら、おしゃべりNight。

自分と違う分野の出会いから、発見やヒントが見つかるかも。

 

☆日時 2018年5月24日(木)19:00〜21:00

☆会場 talk CAFÉ chikaku

   (名古屋市中川区柳森町403pennビル3F)

☆アクセス あおなみ線「小本駅」より、徒歩30秒

☆参加費 800円(ワンドリンク付き ☆食べ物持ち込みOK!)

☆定員 15名

☆申込 下記URLよりお申込ください。

    https://goo.gl/7smZe9

 

☆ゲスト紹介☆

・かずまさん(talk CAFÉ chikakuオーナー)

わらしべ長者でカフェオーナーに?!

 

・ちさとさん

子育て支援者として、地域をつなぐ!

 

・むっしーさん

NPO・NGO分野で多方面に活躍中!

 

・にしさん

硬派な行政マン!

 

☆主催 多世代学びあいネットワーク

   Tasedai.manabi.net@gmail.com

 

<多世代学びあいネットワークって?>

世代間の交流や参加体験型の学びの機会・手法を広げ、互いの背景を学びあい相互理解を深め人と人のつながりや成長を生み出し、地域社会の担い手を育みあうことを通して、多世代による横断型地域づくり・持続可能な社会づくりをすることを目的に活動しています。

 

☆本事業は、あいちモリコロ基金の助成を受けて開催しています。

なぜ人は「旅に出たい」と思うのでしょうか?


旅に出たら出会えるモノ、

出会えるヒト、出会える新しいジブン。


20代で旅した世界80ヶ国での出会いから
ジブンらしさを発見したゲストスピーカーと一緒に美味しいゴハンを食べながら、
新しいジブンに出会うきっかけを見つけましょう!

費用をかけなくても世界放浪はできる
日本にいながらでも世界中に友だちができる
英語は一年で話せるようになる
そして、非日常は日常になる

まだジブンが何者かわからない人でも、あなただけのユメを叶えよう!

<開催概要>
日時 2018年3月1日(木)19:00〜21:00
場所 グローカルカフェ(Glocal Cafe)
参加費 2,800円(コースディナー+1ドリンク付)
定員 10名程度


<ゲストスピーカー>
市野将行さん
株式会社ランダムネス代表取締役・グローカル名古屋オーナー
1977年、愛知県津島市生まれ。中京大学在学中に25ヶ国を一人旅する。
20代の間は「自分探しの旅」であると、フリーターをしながら世界一周2回、ワーキングホリデー3カ国、80ヶ国を漫遊。
30歳で、「人と人、過去と未来をつなぐ」ことをライフワークにすると決め、名古屋でまちづくりと国際協力に取り組み始める。
32歳で起業し、現在、ゲストハウス『グローカル名古屋バックパッカーズホステル』、カフェ『グローカルカフェ』、英会話スクール『グローカル英会話』を経営。
名古屋NGOセンター理事、名古屋外国語大学大学院修士2年グローバル共生コース在学中。家族はニュージーランド人の妻、子ども3人とミニブタ1匹。

<グローカルカフェ(Glocal Cafe)>
名古屋駅太閤通口(新幹線改札口)から徒歩7分。ゲストハウスである「グローカル名古屋バックパッカーズホステル」の1階に併設されているため、名古屋にいながらゲストハウスに滞在中の外国人旅行者たちとも気軽に国際交流できるカフェバーとして人気。GLOBAL(世界) × LOCAL(地元)がテーマで、多文化あふれるフードとドリンクが楽しめる他、ランチからパーティーまで、赤ちゃん連れのママ会、女子会や誕生日会の会場としても幅広く利用できます。

グローカルカフェ (Glocal Cafe)
名古屋市中村区則武1丁目21ー3
TEL: 052-446-6694
OPEN 火〜日 11:00〜23:00 CLOSED 月曜定休



まなビバ! テーマ講座第1回/2018年1月28日開催

「あるく とる しゃべる 

 ピクチャーピクニック PicPic円頓寺」

 

多世代学びあいネットワークでは、日常の素朴な興味からテーマを決め、だれでも参加できる講座「まなビバ!」を開催しています。

第1回のテーマは「五感」。五感を使った体験や表現から世代や立場を超えた共感や学び合いを目指したプログラムを実施しました!

 

講座のメインは散策しながらの「写真撮影」。「自撮り」や「インスタ映え」などの言葉が当たり前に飛び交い、昔に比べ気軽に撮れSNSなどで気軽に発表できるようになった「写真」ですが、今回はあえて紙に印刷し、見せ合うということをします。

舞台は名古屋の商店街通にはおなじみ、「円頓寺商店街」。真冬の円頓寺周辺をお散歩しながら、気になった写真を撮影し、プリントアウトしてお茶やお菓子を楽しみながらおしゃべりワークショップまでを行います。

                                photo by Shintaro Amano

拠点としてお借りしたのは、『コミュニティレストラン庵ひろ』さん。

https://goo.gl/maps/3AAePBh573r

                                         photo by Shintaro Amano

 

そして講師は岡崎市出身の写真家、あまのしんたろうさん。

農大畜産科卒→写真家という経歴を持つしんたろうさんは、「写真×ことば」をコンセプトにした作風で、日常の延長にある場所を歩きながら撮影した写真にちょっと変わったタイトルをつけ発表することにこだわりを持っています。タイトルをつけると、撮影者の気持ちが伝わりやすくなり、写真を観ることへのハードルも下がり楽しめるようになるそう。なるほど。

今回の講座では、まずはしんたろうさんから、まち歩きしながらおもしろいモノを見つけるコツのレクチャーをしてもらい、参加者はさっそく外に出てフリーな撮影タイム。とにかく2時間凍える指でシャッターをきりまくります。

今回参加してくれたみなさんは、福祉系のお仕事をしている社会人から、こどもに関わるお仕事の方など社会人中心でした。写真歴も、スマホでたまに撮る程度という人、本格的な一眼レフカメラをお持ちの方など様々。みんな何を撮ってきたんだろうとお互い気になりつつ・・・。

戻ってきたら、撮影してきた写真から発表する3枚を選び、その場でプリントアウト。さらに自分でタイトルをつけ、順番に発表!

「撮った写真にタイトルをつける」のが初めての人ばかり。苦戦しつつも、命名された写真には、そのとき感じたことが謎かけのように表現され、「なるほど〜」「これセンスいい!」と盛り上がりました!(皆さんの作品は後日掲載します)

 

後半は、お茶とお菓子で一息つきながら、写真についてのトーク。今回参加した皆さんはインスタグラムなどはあまりせず、写真をカメラやスマホで撮って楽しむ派の人が多かったです。なかには、「県外で写真展をしたことがあります」「高校生が“(インスタ)映える”写真を見せてきます」などのコメントも。

撮った写真を誰かに観てもらったり、わかりやすく伝えるためにタイトルをつけたり、逆に人の写真をじっくり観て「伝えたいことはこういうことかな」と想像したりなど、写真の奥深さや楽しみ方を意見交換できました。

 

終わる頃には雪がちらつくほど寒いなかで、ちょっと強引に決行したpicpicでしたが、この日しか撮れない写真を撮れたとも言えるので、逆に貴重な経験になったかも?寒さに震えながらも笑顔で参加してくださった皆さん、ありがとうございました!

 

皆さんもこれからまち歩きして気になるものを見つけたら、まずは心の中で、タイトルをつけてみてください!いつもと違った景色に変わりますよ。

☆しんたろうさんも当日の様子をブログで紹介してくださいました

http://yummyart.shintaro-amano.com/entry/2018/01/31/090011

 


円頓寺をお散歩しながら、自分らしい写真とってみませんか?
とった写真をおやつに、おしゃべりワークショップもします。

*日時:2018年1月28日(日)11:00〜16:00
   (受付は10:30から開始します)
*集合場所(会場):コミュニティレストラン庵ひろ
         〒451-0042 愛知県名古屋市西区那古野1丁目20−35
         https://goo.gl/maps/3AAePBh573r
*参加費:300円
*定員:15名(先着順)
*持ち物:写真を撮るもの(スマホでもOK!)

*申し込み方法:下記のURLより、お申込ください。
        https://goo.gl/GPMLXk

*講師:あまのしんたろう(写真家)さん
    1980年生、愛知県岡崎市出身
    東京農業大学畜産学科卒業
    東京ビジュアルアーツ写真学科卒業
    写真展やる系写真家。いつものまちでのクエスト感や身近な感覚で楽しめる作品づくりをモットーに活動中
http://shintaro-amano.com/


*主催・問い合わせ:多世代学びあいネットワーク
         (担当:根岸 当日連絡先:080-3685-1191)
          tasedai.manabi.net@gmail.com

*本事業は、あいちモリコロ基金の助成を受けて開催しています。

 

 

☆主催 多世代学びあいネットワーク

   Tasedai.manabi.net@gmail.com


<多世代学びあいネットワークって?>

世代間の交流や参加体験型の学びの機会・手法を広げ、互いの背景を学びあい相互理解を深め人と人のつながりや成長を生み出し、地域社会の担い手を育みあうことを通して、多世代による横断型地域づくり・持続可能な社会づくりをすることを目的に活動しています。

1